CBD使用症例

81歳男性 アルツハイマー型認知症の易怒・攻撃性

メディカルストレスケア飯塚クリニック(心療内科、精神科、鳥取県)

2年以上アリセプトを服用中。
妻と長男との3人暮らし。

認知症の診断がついたころより、易怒性が問題となっていた。
日常生活において頻繁に妻や息子に対して暴言が出ていた。
アリセプトが原因の可能性もあると考えられたが、当方は長男の主治医であり、父親の処方にはタッチできず、「薬以外で何かいい手はないか」と相談を受けていた。

父親の朝のスムージーにCBD Oil Pro 2700を0.5-1mlを混ぜて飲んでもらうようにしたところ、「怒鳴ることが劇的に減った!」という。
傾眠傾向はなく、活動性はかえって改善し、表情も行動も生き生きとした印象になったという。
約1か月程度の服用であるが、外出することも増え、近所からも「60代にしかみえない!」と言われるようになったとのこと。