臨床CBDコラム

CBDオイルの効果が期待できる病態について

「不眠」「疼痛」「嘔吐」「てんかん」などはCBDオイルが奏効することが多い病態です。
研究会員のみなさまから多くの臨床ケースをうかがっていますが、これらの病態に対する有効率は非常に高いようです。

CBDを始めとしたカンナビノイドがヒトの多くの疾患に効果を及ぼす理由は、ヒトを含めた全ての脊椎動物もみな内因性カンナビノイドを持ち、それを介してさまざまな機能を制御しているからです。これをエンド・カンナビノイド・システム(ECS)といい、ヒトだけではなく脊椎動物が共通してもっています。このECSが食欲、睡眠、性行動、疼痛、免疫、感情、運動機能、発達、老化、認知、記憶などをコントロールしているのです。

ヒトは老化や強いストレス、栄養障害、重金属、環境ホルモン、エストロゲン等により、「カンナビノイド欠乏症」の状態となります。CBDオイルによる治療とは、植物由来のカンナビノイドにより、ヒトの内因性カンナビノイドの欠乏を補うという治療です。

ECSの機能低下が関与していると考えられる病態は無数にあります。
現在もさまざまな疾患にCBD利用が試みられ、素晴らしい効果が認められています。それは癌、不眠症、さまざまな疼痛、嘔吐、関節炎、てんかん、糖尿病、虚血性心疾患、認知症、自閉症スペクトラム、うつ病、不安障害、統合失調症、炎症性腸疾患、多発性硬化症などの自己免疫疾患といったメジャーなものから、原因不明の多くの希少疾患まで非常に多岐にわたります。

是非、みなさんも高濃度フルスペクトラムCBDオイルという「強力なツール」を用いて、多くの患者様を救っていただけたら幸いです。