医療に使えるCBDオイルとは?

CBDオイルとは

大麻草はカンナビノイドと総称される生理活性物質が100種類以上含まれています。その中で最も有名な成分がTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)です。

THCはその精神作用のため規制されており、本邦で使用可能なのはCBDを始めとするTHC以外のカンナビノイドです。なかでも最も研究が進んでいるのがCBDです。抗痙攣作用、抗炎症作用、細胞障害の抑制と改善作用、抗不安作用、降圧作用、特定の癌における細胞死を誘導する作用などが知られています。

それではなぜ植物の成分であるカンナビノイドが多くの疾患に効果をもつのでしょうか。その理由は、ヒトを含めた全ての脊椎動物もみな内因性カンナビノイドを持ち、それを介してさまざまな機能を制御しているからです。

これをエンド・カンナビノイド・システム(ECS)といい、ヒトだけではなく全ての脊椎動物が持っている生体の制御システムです。このECSが食欲、睡眠、性行動、疼痛、免疫、感情、運動機能、発達、老化、認知、記憶などをコントロールしているのです。

ヒトは老化や強いストレス、栄養障害、重金属、環境ホルモン、女性ホルモンなどにより、「カンナビノイド欠乏症」の状態となります。CBDオイルによる治療とは、植物由来のカンナビノイドにより、ヒトの内因性カンナビノイドの欠乏を補うという治療です。

ECSの機能低下が関与していると考えられる病態は無数にあります。
癌、不眠症、さまざまな疼痛、嘔吐、関節炎、てんかん、糖尿病、虚血性心疾患、認知症、自閉症スペクトラム、うつ病、不安障害、統合失調症、炎症性腸疾患、多発性硬化症などの自己免疫疾患といったメジャーなものから、原因不明の希少疾患まで、多くの疾患にCBDオイルの利用が試みられ、素晴らしい効果が認められています。

 

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは

薬やハーブが効果をもつのは、それらの成分が生体に元々存在する生体内物質であるか、その類似物質であることが理由です。人の体内にも麻と同様に「カンナビノイド」が元々存在します。「アナンダミド」「2-AG」という内因性カンナビノイドがこれまで発見され、全身に分布する受容体と結合して、細胞同士の連携とバランスを調整することで、痛み、食欲、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などをコントロールしていることが近年の研究で明らかになってきました。受容体については神経細胞で多いCB1、免疫細胞で多いCB2などのサブタイプが知られています。

このようなカンナビノイドを介した全身調整の仕組みはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)と呼ばれています。外部からの強いストレスや加齢、栄養障害などによって、このシステムの働きが低下してしまい、様々な疾患や不調が生じることが近年の研究でわかってきました。つまり多くの病態で「カンナビノイド欠乏症」であるわけです。

製薬会社もカンナビノイド医薬品の開発を多く手がけており、多発性硬化症のような神経難病に対してだけでなく、てんかん、癌性疼痛、糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症などのより一般的な疾患についても治験が進んでいます。

 

 

医療に使えるCBDオイルの特徴

医療に使うためにはまず効果が高く、安全で、継続的な使用が可能であることが重要です。そのため以下のようなCBDオイルが望ましいと考えます。

  1. フルスペクトラムCBDオイルであること
  2. 服薬に支障がない範囲で高濃度であること
  3. 完全オーガニックな製品で、農薬や重金属などが一切検出されないこと
  4. 国際的な薬品の生産品質規範であるGMP(Good Manufacturing Practices)や食品製造の安全性基準であるHACCEPなどを取得しており、生産過程が信頼できる。
  5. フルスペクトラムCBDオイルが「生もの」であるという認識をもっており、常にフレッシュな製品を供給できる体制であること
  6. THC成分の検出などにより税関で止まることがない万全の検査体制であること
  7. 継続可能な価格であること

CBDオイルには多くの種類がありますが、大きく分けて2つです。THCを除く全ての成分が入っているフルスペクトラムのCBDオイルと非フルスペクトラムのものです。

大麻草には、CBDやTHCを除いても100種類以上の生理活性物質を含み、それらが不眠や疼痛、嘔吐、抗てんかん作用、免疫調整作用、抗炎症などに対して相乗効果を持つことが確認されています。これをアントラージュ(取り巻き)効果といいます。つまり多成分(フルスペクトラム)の臨床効果はCBD単独よりとても良好なものとなります。

ただ残念なことに市場に出回っているCBDオイルの多くは非フルスペクトラムの製品です。このような製品は、加熱して粉末にしたCBDをオリーブオイルなどに溶かし、甘みをつけるなどして飲みやすくしてあります。非フルスペクトラム製品が増えた理由については、CBDが目立つ成分であるがゆえに20%とか40%とかの高濃度を前面に出すことで、他の商品との差別化しやすいことや、CBD以外の成分を捨てることで、農薬や重金属などの有害物質を避けやすいという利点があることです。

フルスペクトラム製品の利点は、何といっても100種類以上の生理活性物質によるアントラージュ効果により高められた素晴らしい臨床効果です。ただフルスペクトラム製品の欠点は独特の苦みによる飲みにくさがあります(ただし不思議と早く慣れますし、最初から嫌いな味ではないという人も多いです)。またそのまま圧縮して抽出するため、材料が良質でないと農薬や重金属がそのまま入ってきてしまいます。

フルスペクトラムCBDオイルは、苦み刺激や粘稠度の関係で、高濃度化には限界があります。当会においてさまざまな濃度の製品を検討しましたが、フルスペクトラムの直接摂取タイプのCBDオイルでは12、13%程度が日常的に服用しやすい限界でした。

これまでのCBDオイルは医療関係者がほとんど関与しない形で流通していました。そのため上記を全て満たす製品は非常に少なく、価格も全般的に高すぎる印象でした。さらに安定供給にはほど遠く、大手の販売元ですら税関の検査が通らずに販売中止となるようなこともよくありました。

当研究会の会員には、以上の条件に完全に合致する高品質のCBDオイル(CBDpro2700)を紹介しております。

 

CBDオイルの使い方について

例えば当会員のみが購入できるCBDpro2700(フルスペクトラム10%CBD製品)では、1回0.5mlを1日2回(起床時・就寝前)ないし1日1回1ml程度を就寝前などに舌下に入れます。

付属のスポイト(正確に0.5ml、1mlを測れます)を用いて、そのまま舌下に滴下するか、スプーンなどを用います。しばらくそのままにして少しずつ飲み込みます(いつのまにかなくなる感じです)。舌下は血管が多く、よく吸収されるため、数分で速やかな効果を得られます。

 

 

CBDオイルの安全性について

大麻は現在規制されているTHC成分を含むものであっても「アルコールやカフェイン、タバコよりはるかに安全」と言われます。

  1. 急性中毒症状がない
  2. 身体依存性がない(禁断症状などは起きません)
  3. 致死量がない
  4. 人の攻撃性を低下させる

タバコやアルコールを原因とする疾患による死亡数はWHOの報告(2011年)でも全死亡の12%と推計されています。それに比べて大麻がいかに安全なものかがわかります。それに加え大麻は多くの薬効があるのです。2018年カナダが先進国では初めて嗜好用も含めて解禁したのも以上のような理由です。

しかしTHCを除いた大麻草の全ての成分を含むCBDオイルの服用で生じる可能性があるものとして、「眠気」や「自分を俯瞰的にみているような感覚」が生じることがあります。今のところおそらく交感神経興奮が持続していた人に対する一時的な症状であると考えています。いずれにしても数時間もすればなくなります。

明らかに交換神経興奮が持続している人に、CBDpro2700を毎日1~2ml服用してもらったところ、とても落ち着いたのですが、1週間ほど眠気が続いたそうです。その後、眠気はなくなり、毎日落ち着いた状態で生活ができるようになったとのことです。不眠や疼痛などの交換神経興奮がからむ症状で服用する場合、就寝前の服用から始めるとよいでしょう。